2016年松坂大輔がで二軍落ちを宣告される!怪我からの復活登板!

2016年10月2日、かつて平成の怪物と言われたソフトバンクの松坂大輔選手(36)が復活登板のマウンドに登りましたが、まさかの大炎上ピッチングで二軍落ちとなってしまいました。

自分が小さかったころ、日本球界でかなりの注目を浴びていた選手であったために非常に残念です!

3648日ぶりの公式戦に復活登板を果たすも大炎上ピッチング・・。

かつて日本球界で大活躍した松坂選手は現在どのようになっているのか、これは野球ファンなら誰しもが気になると思います。

日本球界に帰ってきたものの、手術をしたりと、ネガティブなニュースばかりが報道されていましたね。

そんな松坂大輔が2006年10月7日にソフトバンク戦に登板して以来の公式戦でのピッチングとなり、かなりの期待が向けられた復帰登板でした。


しかしながら、結果は散々・・・・。

中継ぎとして登板したものの、四者連続のファーボール、三者連続のタイムリーヒットを許し、一挙に1イニングで五失点という結果を残してしまいました。

とにかく制球に苦しみ、先頭打者の嶋に三球続けてボールを投げてしまい、四球目にやっとのことでストライクを取ることができたものの、インコースのボールが逸れて痛恨のファボール。

次の打者はなんとか抑えてくれ・・・。

と画面越しに願いを込めたものの、バントの構えをした島内に対してはデッドボール(笑)

松坂は昔から好きだった選手なだけに、見るのも苦しいような状況でした。

しかも、悪夢はこれだけでは終わりませんでした(笑)

次の打者にもデッドボール。

無死満塁になって迎えた、ペゲーロに対しては押し出しのファボールを与えてしまいます。

とにかく、可哀想な松坂・・・。

こうなれば、楽天の打者陣もヒットを打つのは容易になってきます。

とにかく、制球に苦しんでいるピッチャーを打つのは、カウントを取りに来る甘いボールに絞って打てばいいだけですからね。

ストライクを取りに来たストレートを狙い撃ちされて、三連続タイムリーヒットを浴びて、もう可哀想だからピッチャーを変えてあげればいいのに、、と思いましたが、なんとか一イニングを投げ切って、五失点。

完全にゲームの流れを壊してしまう大炎上ピッチングとなってしまいました・・・。


Sponsored Link





右肩手術を乗り越えての復帰登板の松坂大輔、まさかの二軍行きを宣告

08fujizak20160108001_0

これまで、松坂選手は二軍での調整をずっと続けてきましたが、そこですらなかなか結果を出すことができず、非常に苦しい思いをしてきました。

メジャーから帰国してからは、公式戦に一度も登板することがなく、さらには右肩を故障して、投手としては致命的ともいえる右肩の手術をしました。

あらためて、ここで松坂大輔の日本球界に帰ってきてからの経過をまとめてみます。

2015年に3年総額12億円という巨額の契約でソフトバンクに入団

2015年3月18日 インフルエンザによる体調不良で戦線離脱。

2015年4月2日 右肩筋疲労により無期限ノースロー

2015年5月24日 右肩の違和感を訴え調整の日々に入る

2015年8月18日 「右肩関節及び腱板クリーニング手術」「ベネット骨棘切除術」「後方関節包解離術」を受ける。完治に六カ月、そこからのリハビリ生活。

このように、日本球界に帰ってきてからは、本当に散々な目に遭ってきました。

さらに、厳しいリハビリにも耐えて、二軍で調整してきましたが、二軍の試合ですら、結果を残すことができなかったんですよね・・。

かつて日本球界では平成の怪物とまで言われ輝かしい野球人生を歩んできた松坂ですから、精神的なストレスは計り知れないでしょう。

そして、ついにやってきた、公式戦での復帰登板。

何度もマスコミ、球団関係者の間で引退説がささやかれながらも、必死に努力をして、やっとのことでたどり着いた、一軍のマウンドなんですよ。

今までの辛抱が水の泡になってしまうような、この結果に本人はどれほどのショックを受けたことでしょうか・・・。

dsc_45861-770x553

工藤監督は試合後に松坂を監督室に呼ばれたそうです。

さぞかし厳しい言葉をかけられたのだろうと予想しましたが、どうやら話した内容はまったく違ったようで、

「へこんだり、くじけたりしないで前向きにやってくれ」

と言われたそうです。

工藤監督も現役時代は、投手として素晴らしい成績を残した選手ですから、同じ投手としての気持ちがわかるんでしょうね!

一方で、監督室で松坂選手は二軍行きを通告され、ファンが待ち望んでいた、クライマックスシリーズでの松坂選手の活躍はかなわないものとなってしまいました・・・。

クライマックスで完全復活をとげた松坂のピッチング、ほんとに見たかったです。今はかなり絶望的な状況ですが、これからも温かく松坂の姿を見守り、応援していこうと思います。


Sponsored Link