山田哲人の合コンがフライデー!?美女は大石絵里と青山あみ?私服が話題?上田剛史?

今回は山田哲人選手に関する記事です。

2015年にフライデーで合コン?が報道されてしまったことについて書こうと思います。

今さらかよ、、、。

って思う方もかなりの数いると思うんですけど、

一応記事にしておこうかな、、と思いまして。

よければ読んでみてください。


合コンがフライデーされてしまう(笑)

山田哲人選手の合コンがフライデーで記事にされてしまったのは、2015年の10月頃のことです。

livejupiter_1444951330_101

出典 http://blog.livedoor.jp/livejupiter2/archives/

8182558.html

『山田哲人夜も絶好調!美女たちと合コン三昧』

という見出し(笑)

合コン三昧、、、って書かれちゃってますけど山田哲人選手はいいんですかね、、、、?(笑)

山田哲人選手は確かにスケベ発言をよくしていますけど、合コン三昧って。

何回も合コンしてるかのように書かれているんですよね(笑)

一応、記事では2回の合コンが報道されました。

1度目の合コンの参加者とは??

山田哲人 合コン に対する画像結果

出典 http://blog.livedoor.jp/livejupiter2/archives/

8182558.html

記事によると、1度目の合コンに参加していたのは、

男性陣は山田哲人選手と知人男性2人

女性陣はモデルのような抜群のスタイルをもった美女4人

だったようです。

で、これは後からわかったようですが、知人男性二人というのは、

ヤクルトの上田剛史選手と同じくヤクルトの大塚淳元プロ野球選手(現・ブルペン捕手)で、

女性陣は、ヤクルト硬式ダンスパフォーマンスの女性とヤクルトの公認サポーターの大石絵里さんと青山あみさんと言われています。

大石絵里さんや青山あみさんは元々ファッションモデルとして活動していましたので、たしかに記事に書かれていたようにモデルのような美女と言えますね!

大石絵里さんの画像

大石絵理

出典 http://nicomachus.jp/ooishi/

no title

出典 http://tsubamesoku.blog.jp/archives/1042775230.html



青山あみさんの画像

no title

出典 http://tsubamesoku.blog.jp/archives/1042775230.html

メンバーはヤクルトの選手とヤクルト関係の女性ということで、ただの職場の飲み会?って感じでしょうかね?

記事には合コンって書かれちゃってますけど(笑)

まあでも、職場飲み会にしては、美人な女の子を集めていますしね。お互い恋愛関係に進むのを期待してないわけでもない気がしますよね。

山田哲人選手はハイテンションだし(笑)

そう考えると合コン的な要素もあるっちゃあるのかなと。

上田剛史選手が知人男性でイジられる

このフライデー報道で、

記者が気づかなかったのか、知人男性とされてしまった上田剛史選手。一躍人気?になった上だ剛史選手。

青木宣親選手によれば、上田剛史選手は、

「おいしいっすわ~」

とフライデーの報道を好意的に受け止めていたそうです(笑)

上田剛史選手は、知人男性としてフライデーに載り、新たにネタ生まれたことを喜んでいたそうです。

上田剛史選手のLINEのアイコンも、目線が入ったものになったらしいです。

ファンや、選手、つば九郎からもかなりイジられまくってました。


ファン感謝DAYでこれやるのか!と笑ってしまいました(笑)

ヤクルト 知人男性 に対する画像結果
 出典 http://carpdon4.doorblog.jp/archives/48548972.html

他にはこんな自虐ネタも披露していましたね(笑)


合コンの記事内容も面白い(笑)

無題

出典 http://blog.livedoor.jp/livejupiter2/

archives/8182558.html

これは記事で報じた、1回目の合コンに関するものです。

「あれがオレの車だよ!」

ってアウディを指さす山田哲人選手の笑顔を、美女たちは、キラキラさせてを見つめた模様です(笑)

山田哲人選手程になると、自分の車を紹介するだけで、キラキラした目で見つめてもらえるようですね。

このとき、山田哲人選手が乗っていたのは、おそらくアウディの「Q7」です。

出典 http://naruheso-news.com/2016/06/25/post-1739/

値段的には800万~1000万ぐらいです。

「「イヤッホーイ!」と、スケートのように道路を滑ったり、シャツの裾をめくってお腹をさすってみたり。」

となかなかのハイテンションぶりですよね(笑)

この、フライデーでこの報道がされたのは、山田哲人選手が

23歳の時ですからね。

まだ若いので(笑)

女の子と飲み会をして、楽しかったら、ハイテンションにもありますよね?(笑)

フライデーに記事が載ってしまうと、評判は下がるか、現状維持となりますが、

「紳士的にタクシーを止め女性陣を帰宅(・・・)」

させたようですから、紳士ぶりが明らかに(笑)

ある程度の年齢になれば、どんな仕事をしている人だって、合コンする機会はいくらでもありますし。

特に合コンしたぐらいのことではそんなに評価が下がることはないでしょう。

個人的には、逆に、女性陣を楽しませて、タクシーでちゃんと帰宅させているあたり、常識的で、好感がもてます!!

2回目の合コンとは?

2回目の合コンは、1回目の合コンが終わってから、2週間後に開催されたようです。

二回目は違うメンバーとなっており、記事によると、またもや美人ばかりだったそうです(笑)

二回目の合コンの開催地は六本木。

この日は広島に勝っていれば、リーグ優勝が決まりビールかけが行われていたであろう日です。

広島に負けてしまったので、山田哲人選手は合コンに行けることになったようです。

二回目の合コンのメンバーに関してですが、写真も遠くから撮ったものしかなく、一回目のようにメンバーがよくわかっていません。

4人の美女たちはこんな感じ。

出典 http://blog.livedoor.jp/livejupiter2/archives/

8182558.html

服装もおしゃれですし、ただの一般人という感じがしませんよね。

スタイルも良さそうですし、モデルのような感じです。

とくに、先頭を歩くピンクのノースリーブのニット?を着ている女性なんて、

ただならぬ雰囲気を漂わせています、、、。

記事で書いてあるように二回目の飲み会は合コンなのでしょうか?

また、一回目の時のように、ヤクルトの関係者で構成されたただの飲み会のようなものかもしれませんし。恋愛に発展する可能性は秘めた飲み会ではあります。

結局、一回目も二回目も、実際にどんな飲み会だったのかは定かではありません。

とりあえず、

ヤクルトファンが、リーグ優勝できるかどうかで興奮しているのをよそ目に、ちゃっかり女の子と飲み会しているってあたりが面白いですよね(笑)


この私服は勝負服なの?と話題に(笑)

 livejupiter_1444951330_101

出典 http://blog.livedoor.jp/livejupiter2/archives/

8182558.html

やっぱり、女性と会うんですから、男性はおしゃれな私服を着ていこうと思いますよね?

山田哲人選手も例外じゃないはず!

ということで、このフライデーの記事に載った画像の山田哲人選手の私服は、勝負服レベルだと思われるんですが、、、。

・居酒屋の店員みたい!(笑)

・ラーメン屋かよ!

・なんだよ、このストリートバスケみたいな服装は(笑)

・え、これ店員さんが道教えてるんじゃないのっ!?(笑)

と酷評が目立ちました(笑)。

個人的には、ブラックを基調としたストリートファッションで、山田哲人選手に似合っててかっこいいとは思うんですけどね。

まあ、でも確かにプロ野球っぽくはないというか、普通の若者感はありますよね、服装的には(笑)

若い男の子がしてそうな服装です。

まあ、プロ野球選手だからって、ファッションに気合が入っているわけではないですから。

野球で大変でしょうし。

服のブランドはちょっとわからないんですが、

白いスニーカーはアディダスですね!

これはまさか、

と思う人もいるはずです!

そうです!山田哲人選手は野球用品で、アディダスとスポンサー契約をしているんですよね!

山田哲人 ホームラン に対する画像結果

出典 https://www.youtube.com/watch?v=nEj6ERmEUxA

スパイクやバッティンググローブ、リストバンド、スポーツウェアはアディダスを使用しています。

それが理由で、先ほどの飲み会でアディダスのスニーカーを履いていた、かもしれないですよね?

そして、そのスニーカーに合うような私服を選んだ結果、ネット上で批判を浴びてしまった、ストリートファッションになってしまった可能性も!!

・・・・。

いや、すいません。それはないですよね、、(笑)

あったとしても、かなり可能性が低いですね。

最後に

今回は山田哲人選手の合コンに関する今さらな記事を書きました。

最近になって山田哲人選手に興味をもった方や、まだフライデーされたことを知らない方がいて、

当記事を多少なりとも楽しんでくれれば幸いでございます(笑)