岸孝之(楽天)はイケメン!ブーイング受けた!結婚した嫁や子どもは?成績や球種、年俸は?

今回は楽天に移籍した、岸孝之選手についての記事です。

出典 http://japaneseclass.jp/trends/about/%E5%B2%B8%

E5%AD%9D%E4%B9%8B

出身地 宮城県仙台市太白区

生年月日 1984年12月4日

身長 180cm

体重 77kg

宮城県名取北高校~東北学院大学~西武ライオンズ(2007~)~楽天イーグルス(2017~)

高校時代は無名のピッチャーでしたが、大学で一気に花が開き、西武ライオンズを代表する選手になりました。

32歳で楽天に移籍することになりましたが、まだまだ活躍が続くであろう選手です。


岸選手はイケメンですよね

出典 http://japaneseclass.jp/trends/about/%E5%B2%B8%E5%AD%9

D%E4%B9%8B

西武時代にはイケメンとして、女性ファンが数多くいた選手です。

かつての岸選手は髪が長くて、イケメン感がかなりありました。

もちろん顔もイケメンだと思いますが、髪が長くて、手足が長くてすらっとしていてユニフォーム姿がすごくかっこいいと思っていました。プリンスと呼ばれるのも納得です!

出典 https://geinou-news.jp/articles/%E5%B2%B8%E5%AD%

9D%E4%B9%8B-%E6%A5%BD%E5%A4%A9-%E7%A7%BB%

E7%B1%8D

スーツ姿もかなりかっこいいです!

野球選手には思えない!

プロ野球選手としては、髪がかなり長い方ですよね。

その長い髪がめちゃくちゃ似合ってると思います。

球団側から、

髪を切れ!

とか言われなかったんでしょうかね、、、(笑)

続いて、現在の岸選手ですが、こんな感じになってます。

出典 http://yakudoufan.blog.fc2.com/blog-entry-6684.html

楽天に入ってからは、髪も短いですし、プリンスオーラ?は若干薄れた感じがしますね。

さすがに年齢も年齢ですしね。

プリンスというよりは誠実そうなかっこいい大人の男性という気がします。

自分としては、髪が長かった岸孝之選手も、今の髪が短くて大人っぽい岸孝之選手もどっちもかっこいいと思っています。

楽天に移籍後、西武ファンから大ブーイング??

以前はあんなにも西武ファンから人気があったのに、、、

と思うような出来事が。

2017年の5月7日の楽天対西武戦で、岸孝之選手が先発登板。

7回投げて、西武打線を2失点に抑える好投を見せ、3対2で、楽天が勝利しました。

で、問題はこの試合中に何度もあったことですが、岸選手がマウンドに上がるたびに、西武ファンからブーイングを受けちゃったんです。

その時の動画がこちらです。

岸選手ちょっとかわいそうだな、、

と思う一方で、それだけ西武ファンに愛されていたことがよくわかりますね。

熱の入ったファンからしてみたら、やはり2016年のクライマックスシリーズで、チーム一丸で頑張らなきゃいけない時に、岸選手が着々とFA交渉を進めていたということに対して、色々と納得がいってなかったようです。

この重要な時期に、岸は何をやっているんだよ、、

みたいな感じです。

それも岸選手というチームの中核的存在であり、ファンからの信望がとても厚い選手だっただけに、ファンとの関係がこじれてしまいました。

今回の岸選手に対するブーイングは賛否両論。

どちらの意見もわからないこともないものです。

岸選手もやはり古巣として、西武ライオンズは思い入れのあるチームだと思うので、なんとかファンとの関係を回復できればいいな、と思ってます。


結婚している?嫁や子どもは?

出典 http://jin115.com/archives/52018607.html

年が経つのは早いもので、岸選手も気づけば32歳(2017年6月5日現在)。

入団一年目で活躍していたころの若々しい岸選手が懐かしいものです。

結婚したのもだいぶ前だった気がしたんですが、改めて調べてみると、

2010年1月23日に婚約届を提出したようです。

西武投手陣の柱、岸孝之投手(25)が1月23日に結婚していたことが28日、分かった。
お相手は26歳、北海道出身の一般女性。友人を通じて知り合い、交際から1年4カ月でゴールインした。
出会ってからシーズン12連勝を記録し、08年の日本シリーズではMVPを獲得するなど、まさに“勝利の女神”。
甘いマスクで人気の右腕が、イケメンぞろいの西武独身組から晴れて卒業した。

岸は劇的な変化に驚いていた。いわゆる“2年目のジンクス”に苦しんでいた08年の夏。
結婚した女性との出会いから、成績が急上昇した。「会ってから、不思議と勝ち続けるようになったんです」。
7月にスランプを脱出すると、シーズンをまたいで12連勝。8月にはプロ初の月間MVPも受賞。
“勝利の女神”と直感し、9月から交際をスタートさせた。
08年11月の日本シリーズではMVPに輝き、逆転日本一の立役者にもなった。
どん底から神がかり的な活躍へと導いてくれた縁に、運命を感じずにはいられなかった。

26歳で岸より1歳上の女性はキュートな小顔に、クリッとした目が特徴。温厚な岸以上に穏やかな癒やし系タイプ。
岸は「(アニメの)ちびまる子ちゃんにそっくり」と笑うが、女優の宮崎あおい、安達祐実に似ていると言われたこともあり、
まさに美男美女カップル。
北海道と東京の遠距離恋愛を経て、都内で同居を開始し、交際から1年4カ月でゴールインした。

引用元 http://yomi.mobi/rjump/www.nikkansports.com/

baseball/news/p-bb-tp0-20100129-590320.html

岸選手よりも、穏やかということらしいです。

岸選手もやさしい性格ですし、ぴったりそうな感じです。

嫁さんの画像に関してですが、画像は公開されてないようですね。

出典 http://victoria-178.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300415974-7

お嫁さん本人の画像はないんですが、似顔絵の画像はあります

岸選手本人の絵だそうで、なかなか絵心がありますよね(笑)

海外の昔の風刺漫画みたいな感じです。

子どもも二人いるそうですが、こちらも公開されてません。

子どもも嫁さんの画像も一般公開はされてないのですが、それらしき画像はあります。

それがこちらの画像です。

kisi.jpg

出典 http://seitoshiko-lions.seesaa.net/article/403456224.html

この画像の右側の女性が、岸選手の嫁さんなのではないかと言われてます。

嫁?とおぼしき女性は、女優の安達祐実さんやちびまる子ちゃんに似てる感じがありますよね(笑)

なので、上で引用した記事の嫁さんの特徴とは多少合致しているとは思うんですが、

穏やかで癒し系な雰囲気はないような気が、、、、。

どちらかというと、元気が良さそうな感じがします。

まあ、結局この女性が岸選手の嫁さんなのかは断言できないので、なんとも言えませんね。

嫁さんに関わる不穏な噂?

友人の紹介で知り合ったようなんですが、

ネット上ではお嫁さんがすすきのの夜のお店で働いていたという噂があるんですよね。

なんか、夜の仕事をしていた女性と結婚すると、

なんでそんな女と結婚するんだよっ!!

って言う人もいますが、自分は別に夜のお仕事をした経験があろうが無かろうがどっちでもいいと思う方です。

その女性が悪い人じゃなければ、特に気になりません。

もし岸選手の嫁さんが本当に夜のお仕事をしたことがある人なら、岸選手ってやっぱり性格いいよな~って逆に思います。

岸選手はかなりモテたはずですけど、数ある女性からその人を選んだということは、人を世間体などで評価しないという点で、かっこいい気がするんですよね。

上に載せた画像の右側の人が岸選手のお嫁さんだった場合、たしかに、夜のお仕事をしていた雰囲気がないわけではないですが、

まあ、しょせん噂ですので、実際のところはわかりません。


岸選手の輝かしい成績

hqdefault

出典 http://blog.livedoor.jp/kekkawww/archives/37022381.html

2007年からプロ入りを果たし、プロ1年目から先発ローテーションとして活躍しました。

なんとプロ1年目にして11勝を挙げ新人王候補になりました。

その年は田中将大選手が新人王に選ばれ惜しくも新人王は逃してしまいましたが西部では松坂大輔以来となる2桁勝利をあげました。

次の年の2008年は12勝4敗。日本シリーズではMVPを獲得。

2013年は7年間の6度の2桁勝利が評価され3年で12億円の契約を結びました。

岸選手の素晴らしい成績の数々は書きあげられないくらいあるので、ここでは一部だけ書きました。

そして、

2014年にはノーヒットノーランも達成!


史上78人目のノーヒットノーランです!

ストレートとカーブ、チェンジアップが冴えわたってましたね。

以上、岸選手の輝かしい成績の数々でした。

球種は?

出典 http://daily-lions.com/2015/05/20150521.php

球種はストレート、縦カーブチェンジアップスライダー。

イチローに絶賛されたキレのあるストレート。110キロ台の緩いカーブ、タイミングを外すチェンジアップ、キレのあるスライダー。どれもレベルの高い球です。

年俸は?背番号は?

2007年1500万円

2008年3600万円

2009年7000万円

2010年1億2000万円

2011年1億2000万円

2012年1億1000万円

2013年1億5000万円

2014年2億円

2015年2億2500万円

2016年2億2500万円

2017年2億2500万円

年俸の推移を眺めると、

さすが岸選手だな、と。

四年目にして一億円突破しているんですよね。

ちなみに、2017年からは楽天に入団していますので、2017年は楽天での年棒になっています。

背番号に関しては、入団してから、2017年にいたるまで、ずっと11を付けています!

楽天に入団するときには、それまで、11を付けていた塩見貴洋選手が17になりました。

岸選手が11を奪い取った形に。

塩見選手的にはどうなんだろうな~と思ったら、

昨オフ、西武から移籍する岸に「(西武時代と同じ11番を)気にせず付けてください」と譲渡を申し出た。一度は丁重に断られたが、「自分の運気も変わる」と心機一転、17番に変更した。

引用元 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/2017

0606_14044.html

塩見選手から、岸選手に申し出ていたんですね。

楽天の背番号11はあまり良くない番号だそうで、過去12年間で、2ケタ勝利の投手がいないようです、、、(笑)

2017年に岸選手がそのジンクスを打ち破るような活躍をしてくれればいいですね!


コメント

  1. ごみ より:

    塩見偽善者説